歯科医での死亡事故でフラッシュバック

福岡の歯科医院で悲しい事故があったようで…


以下記事

---------------------------------


小児歯科医院で虫歯治療、2歳女児が2日後に死亡


 去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことが関係者への取材でわかりました。

 死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。

 関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。

 大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」とコメントしています。 
1/15(月) 20:20配信 TBS News i より




-------------------------------------

これを読んではるか昔に読んだ記事を思い出した。

それは、この事故よりももっと酷くて
歯科医師が薬を間違えて劇薬を子供の歯に塗って
激痛に暴れるのを親が医師の指示で
体を押さえて塗り続け、結果子供は死亡したという…

それはそれは恐ろしい記事で…

それを読んだのが自分の歯科検診の為にいた
かかりつけの歯医者さんの待合室だったという…


ほぼ忘れていた事故だったが…
一瞬で思い出した。
その時の恐怖心まで。

今調べたら八王子だったんだな…その医院。


身体の異変を直したくて病院にいって
命を取られてしまうというのは悲し過ぎるよなぁ…

今回のは麻酔へのなんらかの反応なのだろうか…?

なんにしろ小さな子供の不幸は痛ましい…







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それは少なくとも歯医者で聞きたくはなかったですね^^;
うちも息子を連れて近く歯医者に行かなければならないので、ちょっとフクザツ・・・。
といっても息子は虫歯の治療で行くわけではないので、余計なことをされなければ、大丈夫だとは思うんですけどね・・・。
それにしても、唇が紫になり、目の焦点が合わなくなることが、よくあることなんでしょうか^^;
そのお医者の目が節穴なのかどうなのか・・・。
何はともあれ、お子さんのご冥福をお祈りするばかりです・・・。

Re: No title

> 断然フランスパン派さん

聞いたというか…
待合室にあった雑誌を読んじゃったんですよね(笑)
間が悪かったです。

この歯医者さんは瞬間的に自己保身に走ったように思えます。
麻酔医ではないのでそんなに詳しくもないでしょうし…

こんな事で子供を失いたくないですよねぇ…
プロフィール

Author:剣聖
鹿児島出身
東京都在住
50代男性


美味しい物とアウトドア、面白い読み物などに
興味があります。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Japanese→English
English English得袋.com
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
タグ

鹿児島  和食  日本酒 辛い食べ物 ラーメン イタリアン 寿司 珈琲 ウィスキー 天麩羅 シングルモルト 自作 中華料理 ビール 蕎麦 バー ワイン  喫茶店 パスタ 焼き肉 ピザ 抹茶 カレー  チーズ ケーキ 江古田 居酒屋 和菓子 面白い写真 ハンバーグ 紹興酒 焼酎 エスニック 小料理 揚げ物 スイーツ 炒飯 中華 焼き鳥 うどん おつまみ 串かつ 日本食 カクテル デザート 火鍋 温泉 渋谷 六本木 洋食 名古屋 韓国料理 ワイン ろばた焼き 足裏マッサージ 紅茶 

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック